主に柑橘、桜桃、桃、葡萄、キウイなどの栽培記録です。鉢栽培がメインです。
http://smallgardensfruits.blog.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
今年もクリスマスローズが咲いてます。
2016-03-07 Mon 00:03
今年もこの季節になりました。



クリスマスローズの季節です。



店頭のクリスマスローズはすでに花が終わってるものがいっぱいですが

我が家の庭のものは最近咲き始めたばかりです。

 
我が家には2株のクリスマスローズがあるのですが

片方は頂き物でふりっふりのかわいらしいものです。


160305 クリスマスローズ 



160305 クリスマスローズ2 


もう片方はだいぶ昔に赤白1株ずつ植えたののうち

赤が枯れてしまって残ったものです。

これは今年はまだ咲いてませんので昔の写真でも。

120329-ティタティタとクリスマスローズ1 

(120327の写真)


この株はなんだか前より小さくなっちゃったかも。

伊予柑の木の根元近くにあるから日当たりが悪いのかも・・・。

今年ちゃんと咲くか見守ってみて

あんまり育ちが悪かったら移植も検討した方がいいかもしれませんね。
スポンサーサイト
別窓 | 他の植物 | コメント:0 | トラックバック:0 
なぞのさくらんぼの幹
2016-03-06 Sun 23:04
 数年前からずっと気になっているのに

対処できてない現象があります。



これです!

160305 佐藤錦 

佐藤錦なのですが

右側の幹が途中から膨らんでいるの、わかりますでしょうか?

これ、実は数年前から、上の方から下に向かって少しずつ進んでいるのですよね。


虫かなぁとも思いましたがその割に進行が遅い気がしますし

樹脂や糞などもまったく出てません。



上の方には接ぎ木部分があるので

そこから雑菌が入って中が腐ってるかも?と思っているのですが

怖くって削れないのであります・・・。



それでもやっぱり削るべきなんでしょうか・・・。

迷います。



どなたかわかる方いましたらよろしくお願いします。
別窓 | さくらんぼ | コメント:0 | トラックバック:0 
柑橘類に石灰硫黄合剤散布終了!そしてあすみの初収穫。
2016-03-06 Sun 22:32
昨日、懸念であった柑橘類への石灰硫黄合剤の散布を終了しました。

次の課題は施肥と植え替えです。

ちゃんとできるか不安であります。


さて、その石灰硫黄合剤の散布前に、残っていた柑橘の収穫をしました。

160305-あすみ1 

1個だけ生ってたあすみです。

農水省の資料によれば

農研機構果樹研究所は、2月上旬に成熟期を迎える中生品種で、
糖度が概ね15%以上と極めて高く、芳香があり、
食味がたいへん優れるカンキツ新品種「あすみ」を育成しました。


とのことですから、収穫はちょっと遅れてしまったかも。

160306-あすみ2


重さはぴったり200gでした。

平均よりは少し重いのは1鉢に1個しか生らなかったからでしょう。

それにしてもまだ店頭で見かけたことのない、初めての品種です。

食味に興味津々です。

160306-不知火あすみ 

左が不知火で右があすみです。
上の写真はフラッシュ使用で、
下の写真は蛍光灯のみで撮影です。

160306-あすみ3 

さすが高糖度品種です!
どこを測るかで糖度にばらつきがありましたが
高いところではこんな数値が出てました。

皮も薄くって温州ミカンなみです。

でも私、温州ミカンはあんまり好きじゃないんですよね。
この品種を買った理由も、オレンジ香がするからってところだったりします。
・・・でその肝心要の香りはどうかというと・・・
温州ミカンぽくはないです。
でも、オレンジってほどオレンジではないかも?
なんかちょっと青臭い香りを感じたんですが
これは、品種特性として、露地栽培だと完全着色しないことがあるってのと
関係があるのかな?

とはいえ、収穫翌日に試食したのですが
すっかり酸は落ちてまして
かなり甘~いものでした。
さじょうも結構粒粒していてよい感じでした。

香りさえ改善されればかなりお気に入りになれそうです。
まだ初収穫ですし、それでこの食味なら
来年以降にかなり期待が持てます!

あすみの導入はなかなかよい選択だったと思います。


ところで、先日、これまた初結実のブラッドオレンジ
タロッコが落果しておりました。

収穫期にはまだまだ早いとは思いますが
落ちちゃったものはしかたないので拾ってました。

・・・で、本日それを切ってみました。

160306-森田ネーブルタロッコ

右がタロッコです。

部分的に粒が広がって赤くなってましたが
他のところは水分もなくって異様な断面でした。

糖度を測ってみたら23度とかだったのですが
食べてみてもアルベドみたいな感じでまったくおいしくありませんでした。

これまた来年に期待しましょう。
別窓 | 柑橘 | コメント:0 | トラックバック:0 
| 小さいお庭で果樹栽培 |

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。