主に柑橘、桜桃、桃、葡萄、キウイなどの栽培記録です。鉢栽培がメインです。
http://smallgardensfruits.blog.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
白紋羽病には熱湯を!
2016-07-09 Sat 14:05
今日は昨日の台風1号の影響による雨が残っていて蒸し蒸ししております。

洗濯しながらネットをちらちらしてましたら面白い情報を見つけました。

ソースはこちら


こちらはマニュアルですね。
白紋羽病 温水治療マニュアル

 白紋羽病は早期診断法がなく、一回罹るとその影響が長期間残りますが
白紋羽病はナシの木よりも熱に弱いので、熱処理により白紋羽病を駆除できる!というものです。

もしかしたら農家の方には有名な話なのかもしれませんが
私にとっては初耳なので、へぇ!と素直に感心しました。

白紋羽病の死滅条件の表も載っていますが
45℃で5分で若干死滅からほぼ死滅
45℃で30分で死滅、とのことです。

とはいえ、畑で45℃を30分間維持ってなかなかできないもの。

そのための装置も開発されているようです。


一般人としてはこういう装置はなかなか買えませんが
この情報を使って何か有効な対策がとれるかもしれません。

そういえば実家のりんご畑でも、紋羽病のために
いくら苗を植えても枯れてしまう場所があります。

あの畑ではどうやって45℃を30分間維持するかが課題となりますが
何とかならないか、今度父に聞いてみようかと思います。
スポンサーサイト
別窓 | 実家 | コメント:0 | トラックバック:0 
りんごの蜜はホントは甘くないって本当?
2015-12-27 Sun 00:28
最近ではりんごにいっぱい蜜が入っていると甘~いりんご、と受け取られることが多いと思います。
りんごを切って蜜が入ってないとがっかりしたり。

でもでも、ネットで検索してみると
蜜の正体はソルビトールっていう情報も見かけます。
そしてソルビトールの糖度はショ糖よりも低いので
実際に蜜のところだけを食べてもそれほど甘く感じないとか。

今日は、先日実家から送られてきたこうとくを切ってみたのでそれを検証してみました。


まずは1個目を切ってみたらあんまり蜜が入ってなくってがっかり。
こうとくは蜜入りたっぷりが売りなはずなのに。

続いてもう1個切ってみました。

お!こちらは結構蜜が入っています。

比べた写真がこちらです。

151226-こうとく1 
左が蜜たっぷりの方です。
右のあんまり蜜の入ってない方は、なんとなく薄切りにしてます。


では、まず蜜の少ない方から計ってみましょう。
糖度計のさきっちょがあるところのあたりで測定しました。

151226-こうとく2 

むむ、糖度12.7。
みかんより低い・・・。ちょっとショックかも。


続いて、蜜たっぷりの方の、蜜の部分。

151226-こうとく3 

13.5でした!

最後に蜜たっぷりの方の実の、蜜のあんまりない部分。


151226-こうとく4 

15.2でした!

あらら~。ホントに蜜がない部分の方が糖度が高かった!

でもどちらの糖度も蜜入りが悪い果実よりは高いですね。

・・・ということは、蜜の部分は糖度は低いけど
蜜が入ってるりんごの糖度は全体として高い
という可能性が高いかもしれません。

それぞれ1個ずつのりんごしか計ってないので
再現性がどれだけあるかは保証の限りではありませんが
蜜入りりんごは甘いという普段の実感は合っているかも。

以上、興味本位の報告でありました。
別窓 | 実家 | コメント:0 | トラックバック:0 
実家のこうとく、はるか、青林などが届く!
2015-11-15 Sun 21:12
実家のリンゴ畑では順次リンゴの収穫を迎えています。


夏のつがる姫や初つがる、普通のつがるなどは記憶のかなたに。

しばらく前までは紅玉、シナノスイート、秋茜、陽光、アルプス乙女などが収穫期を迎えていました。
 

そして今は何と言ってもこうとくです!


ということで実家からりんごのいろいろ詰め合わせが届きました。


151114-シナノゴールド青林はるかこうとく 


左からシナノゴールド、青林、はるか、こうとくです。



こうとくはやっぱり小さいですが、なんといっても素晴らしい香りです。

もうね、配達の方から箱を受け取った瞬間からすごい香り!

開封前なのに。



さて、どの品種も私もあんまり馴染みのある品種じゃないので

さっそく試食してみました。


151115-青林こうとく 


こうとくと青林。

こうとくは輪切りの分です。


151114-はるか 

これははるかです。


いや~、この3品種ではダントツでこうとくが好みです。

果肉全体に蜜がいっぱいで食べるたびにじわ~ってくる感じ。

でも果肉はそこそこしっかりしてる。

甘いだけじゃなくってほどよく酸味もあるから食べ飽きない感じ。

うん。これは人気があるの、分かるな~。



はるかは、去年が初生りで、去年食べたときはずいぶん味の薄いりんごだなって思いましたが

今年はそれほどでもなく、普通においしいりんごになってました。

少し別の品種を思い起こさせるような味なんですが、思い出せません・・・。

栽培に関しては予想外の弱点があるようです。

父によれば、今年ははるかの実の3分の1くらいに生理障害で黒点がでちゃったとか。

紅玉とかでもよく見ますが、あれ、嫌ですよね。

そういうわけで、今年のはるかはもう終了な模様です。

黄色い肌に淡く赤色が入って特徴的な外観なんですけどね。

残念!



さて、青林は去年も食べたはずなのですが特に感想を覚えてません。

では今回食べてどうだったかというと・・・

甘いりんごでした!

なんか、すごく青りんごっぽい香りがするんですが味は甘いです。

もうちょっと酸味が欲しいかな。

そして果肉が結構やわらかいです。

まだぼけてないはずなんだけど、もうちょっと硬い方が好きだな。

そんな感じの試食結果でありました。



こうとく、青林、シナノゴールドはまだ少し在庫があると思います。

注文してみたいという方はご連絡ください。
別窓 | 実家 | コメント:2 | トラックバック:0 
朗報! ふるさと納税は複数口申し込み可能でした!
2015-11-06 Fri 01:37
先日、複数口申し込めなくて残念~と書いていたふるさと納税の件ですが
あることが原因で複数口申し込めることがわかりました!


おぉ!


これは朗報ですよ!


とはいえ、さすがに腐葉土8袋を2口は多すぎかな、と思いますので
次に申し込むときは別のお品を選択しようと思います。


それにしてもこの間の土曜日に申し込んで
昨日帰宅したら不在連絡票がすでに届いておりました。


事務処理のなんと早いことか!

すばらしい♪

光伸製瓦 信州産落ち葉100% 天然熟成腐葉土14ℓ×8
南信州の山麓から集めた落ち葉を、

わーい。
受け取るのがたのしみです。
別窓 | 実家 | コメント:0 | トラックバック:0 
ガーデナー必見?! 初めてのふるさと納税
2015-10-31 Sat 18:01
お久しぶりです。

ずいぶん間が空いてしまいました。

皆様お元気ですか?


暑かった夏も終わり
快適な秋もとおりすぎ
最近はすっかり肌寒い晩秋となってきました。

最近はお天気がよくっても庭の植物に水遣りをしなくても大丈夫なことが多くって
朝なかなか起きられない私にとってはありがたい限りです。


さて、更新が途絶えていた間の庭といえば・・・
まぁ、あんまり変化はありませんでした。

途中でいちじくをばっさり切ったくらいでしょうか。

まだ雨避け下にピオーネが残ってますが
そろそろ収穫しないとね。



・・・で、そんなさぼっている間にいろんなサイトを見ていたのですが
その中にふるさと納税でいろいろ送ってもらった話が載ってまして
いいなぁ!と思い、本日、自分でもやってみることにしました。
さて、ふるさと納税とはなんぞや、ということですが
もう皆様ご存じかとは思いますが、総務省のホームページによれば

「納税」という言葉がついているふるさと納税。
実際には、都道府県、市区町村への「寄附」
一般的に自治体に寄附をした場合には、確定申告を行うことで、
その寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除されます。
ですが、ふるさと納税では
自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象
となります。


ふるさと納税は別に自分のふるさとにする必要はなくって
全国の自治体を対象にできるそうですが
どうせなら自分の出身の自治体に寄付したい!


そんな思いを抱きながらいろいろお礼のお品を見ていて
やっぱりお肉だよね!って思っていたのですが・・・


最終的に選択したのは全くの別ものでありました。


それはこちら!

光伸製瓦 信州産落ち葉100% 天然熟成腐葉土14ℓ×8

自動車を持っていない私としては腐葉土とか園芸の用土の調達は結構面倒でして
自転車で買いに行くにしてもなかなかの労力です。

それが8袋も配達してくれるなんて!

・・・と感激しきりで申し込みました。

ま、そのあと、実は40リットルを3袋というセットの方が8リットルほどお得だと気付いて
ちょっとしまった~って思ったのは内緒です。


今日はクレジットでお支払をしたばっかりで
まだこれから手続きをしないと実際にはお得になりません。
ちゃんと忘れずに手続きをしなければ!


それにしてもふるさと納税のお礼の品はいろいろありますが
腐葉土ってなかなか珍しいかと思います。

ガーデナーの皆様、お勧めですよ~!

あ~、なんだか宣伝になってしまった。
これで2口なら2倍送ってくれる、とかだともっと嬉しいんですが
それは来年以降に期待しましょう!



追記:

妹にふるさと納税して腐葉土選択したって話したら
「土なんだ…頼む人にも驚くが、そんな選択肢があることにも驚くわ」
「ふるさと納税はいいけど…すっからかんにならんようにしてよ。」
・・・て、なんだかさんざんな言われようでありました。

別窓 | 実家 | コメント:2 | トラックバック:0 
実家のぽろたんの成長を振り返る
2015-09-06 Sun 02:50
今日は実家の畑のぽろたんの成長を振り返ってみようと思います。


2009年3月19日
植え付け

090319-ポロタン 

 

2010年9月24日
(2年目)

100924 ぽろたん2年目 
 

2011年9月25日
(3年目)

110925-ぽろたん3年目 


2012年4月28日
(4年目)

120428-ぽろたん1 


この前年に右の枝が折れてしまって、その修復途中なのがちょっとかわいそうな感じです。


2013年4月19日
(5年目)

130419-ぽろたん



さすがに一年経つと傷もすっかり治ってますね。


2014年8月11日
(6年目)

140811-ぽろたん 


2015年8月24日
(7年目)

150824-ぽろたん 

さすがに7年目ともなると幹もずいぶん太ってます。


植え付けから比べるとずいぶん大きく育ちましたが
これ以上背が高くなると世話も大変だろうなと思います。
ちょうど先日買った「クリの作業便利帳」にも低樹高栽培が大事って書いてあったと思いますので
ちゃんと読んで今後に役立てたいと思います。

別窓 | 実家 | コメント:2 | トラックバック:0 
実家の果実たち ぽろたん、秋峰、こうとくなど
2015-09-01 Tue 00:07
先日、久しぶりに実家に帰ってましたので
ついでに実家の果樹たちを観察してきました。

まずは栗たち。

150824-栗と柿  

左から、秋峰、奥が柿の松本早生富有、そして栗の丹沢。


栗の木へのこの春の接ぎ木は結構うまくいったようで
なかなか立派に伸びておりました。


秋峰は2011年9月25日にはこんなに小さかったので
ほぼ4年でこれだけ大きくなったのは喜ばしい限りです。

110925-秋峰 



私のぽろたんもいい感じにイガがいっぱいついてました。

150824-ぽろたん
 

90度角度を変えて撮影するとこんな感じでした。


150824-ぽろたん2

いや~、順調に育つと本当にうれしいですね。

両親に感謝です。


りんご畑も順調です。

150824-アルプス乙女

アルプス乙女は結構摘果したそうで、なかなか大き目の実がなっておりました。


シナノスイート

150824-シナノスイート

フラン病にやられて木の半分がなくなってかわいそうな状態ですが
すでに次世代が準備されております。


ふじも順調

150824-ふじ


こうとくは昨年と比べると今年はずいぶん結実数が増えたようです。

木はまだまだ若いですが去年の実でも結構評判がよかったので
今年は一層期待が持てます。

150824-こうとく


ちなみに去年のこうとくはこんな感じで本当に蜜たっぷり。

人気があるのもうなずけました。

141130-こうとくはるか 

2014年11月30日

手前がこうとくで奥がはるかです。


実家の果実たち ぽろたん、秋峰、こうとくなど…の続きを読む
別窓 | 実家 | コメント:2 | トラックバック:0 
こうとくの蜜入りは噂通り!
2014-11-30 Sun 11:54
実家のりんごはふじがメインで今は収穫の最盛期!

今年は出来がよかったし、台風被害も少なかったので沢山あまりそう・・・
とシーズン当初は予想していたそうなのですが
ふたを開けたら、リンゴ狩りのお客さんが沢山買っていくし
注文いっぱい入るしで結構品薄になっているようです。
農産物は慌てて増産てわけにもいかないので大変です。


さて、そんな実家から、いろんな品種お試しセットが届きました。

141130-ふじ青林こうとくはるか 

左からふじ、青林、こうとく、はるかです。


今の時期は他にパインアップルも採れるのですが
違う畑で育ててるから採りに行く時間がなかったとか。
こうとくが小さいのでそれに合わせて他の品種も小さいのを選んだようです。


さて、ではこうとくとはるかを試食してみます。

まずは体重測定から!

こうとく

141130-こうとく 

249g。
ちっさい!


はるか

141130-はるか 

見た目はこうとくより大きいのに、253gと、これも似たようなもの。


切ってみるとこんなでした!

141130-こうとくはるか 

左がこうとく、右上がはるかです。

こうとくはさすがに蜜がすごいです!
そしてジューシー。

はるかが意外と軽かったのはこうとくに比べてジューシーさに欠けるからかな。

糖度を測ってみましたら、はるかは11.2、こうとくは12.7でした。

糖度は思ったほど高くないです。

でも食べてみるとジューシーでおいしいです。

こうとくは香りもすごくいいです。

はるかは今年初生りだったためか、こうとくに比べるとどうもイマイチでしたが
はるかだけを食べれば十分おいしいと思います。

・・・ってことはそれだけこうとくがおいしいのか。

いや~、こうとくがおいしいのって、
某国○園が大げさに書いてただけかと思ってましたが
ほんとにおいしかった!
びっくりです。

実家のこうとくはまだ本数も少ないし、木も数年前に植えたばっかりで若いので
まだまだこの品種だけで注文を取るとかできませんが
是非増産してほしい品種だな~って思いました。
別窓 | 実家 | コメント:4 | トラックバック:0 
実家のぽろたんは収穫期
2014-09-17 Wed 23:50
実家の畑に栗を3本植えてあります。

ぽろたんに倉方甘栗を1枝接ぎ木したのが1本、

丹沢が1本、

秋峰が1本です。


今年の春に丹沢にぽろたんを接いでみましたが
見事全滅!


結局、この構成のまま育っております。


さて、これらの栗はいずれも林檎とはちょっと離れたところに植わっているので
林檎の消毒のついでに消毒というわけにもいかず
ほんの3本のために消毒も面倒・・・
ということで、今年も消毒がされないまま終わってしまったようです。

まぁ、消毒がかかったらそれはそれで適用の問題があるので
困った話ではありますが。


さて、しばらく前に丹沢の熟期になったようなのですが
全部虫食いだったとのこと。

今はぽろたんの熟期のようでして
ぽとり、ぽとりと落ちたのを拾っているようです。

虫食いもあるけど大丈夫なものもあるらしく
拾っては冷蔵庫へ、また拾っては冷蔵庫へと貯めているそうです。


さて、残りの倉方甘栗はといえば、まだまだイガが真っ青で
全然落果の様子が見られないとのこと。

今年は楽しみにしている人がいるので
なるべく虫が食ってないといいなぁと
今から祈っているところであります。


別窓 | 実家 | コメント:0 | トラックバック:0 
実家のりんご
2014-04-21 Mon 00:05
さて、ここ数日書いていた実家シリーズも本日が最終日です。

実家の畑を見て驚いたのがこのシナノスイートです。

140412-シナノスイート 


何を驚いたかといえば、以前はこんな枝ぶりで、結構立派だったんですが
左側の枝が全然なくなってます!

120428-シナノスイート 


・・・で、なんでこうなったのか父に聞いてみましたら
タンソ病にやられた、とのことでした。


隣の畑で、タンソ病なのにちっとも切ってくれない林檎の木がもう何年もありましたが
そこから来たのかな~。

その隣の畑の林檎の木も今はもう枯れてしまっておりましたが・・・。

病気の木を放置されるとすごく迷惑だな~って改めて思いました。


ふじの木は相変わらずです。

140412-ふじ 


でもだんだん世代交代が進んでいて
次世代の木も少しずつ育っています。


こうとく

140412-こうとく 



うーむ、しかし、こうとくってなかなか見栄えが悪いし、小さいので
ちゃんと買ってくれるお客さんができるのか不安です・・・。
別窓 | 実家 | コメント:4 | トラックバック:0 
| 小さいお庭で果樹栽培 | NEXT

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。